このページは移転しました。5秒後に自動転送します。

自動的に転送されない場合は、新しいページをクリックしてください。

出版物

報告書関連

4.研究会・講習会資料集

4-2.試錐研究会講演資料集

第51回(2013)
第50回(2012)第49回(2011)第48回(2010)第47回(2009)第46回(2008)
第45回(2007)第44回(2006)第43回(2005)第42回(2004)第41回(2003)
第40回(2002)第39回(2001)第38回(2000)第37回(1999)第36回(1998)
第35回(1997)第34回(1996)第33回(1995)第32回(1994)第31回(1993)
第30回(1992)第29回(1991)第28回(1990)第27回(1989)第26回(1988)
第25回(1987)第24回(1986)第23回(1985)第22回(1984)第21回(1983)
第20回(1982)第19回(1981)第18回(1980)第17回(1979)第16回(1978)
第15回(1977)第14回(1977)第13回(1976)第12回(1975)第11回(1974)
第10回(1973)第9回(1972)第8回(1971)第7回(1970)第6回(1969)
第5回(1968)第4回(1966)第3回(1966)第2回(1964)第1回(1964)

※講演資料集のうち、第22回以降のものはデジタル出版物のページからダウンロードすることができます。

第51回(2013)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
メタンハイドレード研究の紹介
海老沼孝郎 1-8
〔特別講演〕
未利用石炭エネルギーの活用
出口剛太 9-30
〔一般講演〕
現場調査技術の伝承-北海道地質調査業協会の取り組み-
松本和正 31-44
〔一般講演〕
東日本大震災による井戸の被害調査-災害時における地域防災計画(給水計画)の提言-
石塚 学 45-60
〔一般講演〕
地層引き抜きによる低地での地質調査
川上源太郎・重野聖之・福間 哲 61-65

先頭に戻る

第50回(2012)

タイトル 演 者
〔第50回試錐研究会記念特別講演〕
地球深部探査船「ちきゅう」の挑戦-大水深掘削技術-
小林照明 1
〔一般講演〕
北海道地方土木地質図の作成
古田雅美 15-19
〔一般講演〕
温泉の源泉井戸調査と補修工事の事例
大和田照雄 20-32
〔一般講演〕
北海道の省エネルギー・新エネルギー促進の取組について
葛西 厚 33
〔一般講演〕
北海道における温泉の開発と利用(現状・課題・可能性)
藤本和徳 34-51

先頭に戻る

第49回(2011)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
地すべり調査におけるボーリングの役割
雨宮和夫 1
〔特別講演〕
地すべり調査ボーリングと掘削技術
坪山厚実 3-16
〔特別講演〕
地すべり調査ボーリングのコア観察
中村 研 17-24
〔一般講演〕
表面波探査の温泉・地下水調査への応用
加藤孝幸・渡邊哲夫・布川昭一 25-31
〔一般講演〕
汎用型ボアホールカメラの適応性について
山田 司 32-41
〔一般講演〕
最近係わった温泉のホウ素とメタンについて
内野栄治 42-49
〔一般講演〕
化学組成からみたニセコ地域の温泉-南部から東部の温泉の特徴-
柴田智郎 50-56

先頭に戻る

第48回(2010)

タイトル 演 者
〔北海道立地質研究所創立60周年記念講演〕
社会に貢献する地質情報の整備と高度化を目指して
加藤碵一 3
〔一般講演〕
1.KuniJiban の公開と今後の取り組み
合田彰文 7-10
2.統合化地下構造データベースの構築 大井昌弘・藤原広行 11-18
3.地盤工学会全国電子地盤図の取り組み 福島宏文・安田 進・藤堂博明 19-26
4.ボーリングデータに基づく浅層地盤の三次元地質モデル-東京低地周辺の浅層地盤の事例- 木村克己・石原与四郎・根本達也・小松原純子 27-30
5.北海道の地盤ボーリングデータベースの構築と地質モデル構築に向けて 大津 直・鈴木隆広・廣瀬 亘・川上源太郎・小澤 聡・田近 淳 31-37

先頭に戻る

第47回(2009)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.可燃性天然ガスの安全対策について
鈴木力喜雄 1-18
2.温泉付随ガス対策用水中モーターポンプの開発と実証化試験「深井戸用ガス対策水中ポンプ開発概要」 吉村秀雄・神谷文貴 19-20
2.温泉付随ガス対策用水中モーターポンプの開発と実証化試験「新篠津村2 号井での実証化試験結果」 高橋徹哉 21-34
3.懸濁気泡水を用いた高品質ボーリング工法の紹介 三浦正人 35-43
4.洞爺湖有珠山ジオパークの取組について
-減災と人づくり・地域振興-
田鍋敏也 45-56
5.洞爺湖温泉省エネ型温泉給湯施設の再構築について 四宮 博 57-64
6.北海道の温泉放出量と地熱利用の実態 鈴木隆広 65-74
7.地盤資料のGIS 化について 谷地武晴 75-82
8.音響波を用いた高精度な地盤の可視化 榊原淳一 83-89
9.寒冷条件に対応した次世代型汚染土壌修復技術の開発
~未利用資源を熱源とした加速型バイオレメディエーション~
平本 弘 90-100

先頭に戻る

第46回(2008)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.温泉法の一部改定について
鈴木力喜雄 1-14
2.北海道における温泉付随ガスの現状と課題 高橋徹哉 15-24
3.礼文町における温泉資源開発 森田昭彦・藤井浩詞 25-33
4.ボーリング先端の位置計測
-システムの開発と適用事例及び今後の展開-
日向洋一・共 放鳴・高 栄麗・釣賀雅人・舟田幸太郎 35-42
5.泥水に対応できる孔内観察システムの適応例 富浦裕司 43-44
6.泥水コントロール掘削用透水・採水複合試験ツールの開発 宮川公雄・木方建造・金内昌直 45-54
7.土壌・地下水汚染の調査手法について(土壌汚染対策法に基づく調査) 和田 哲 55-61
8.土壌・地下水汚染の調査事例について
-自然的・人為的因の判定を例として-
堀内康光 63-70
9.自然由来有害物質含有残土の発生事例とその対応 遠藤祐司 71-74

先頭に戻る

第45回(2007)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.地質地盤情報整備の最新動向
古宇田亮一 1-16
2.Web-GIS の概要と活用 榎本義一 17-22
3.札幌の地震防災対策 河原正幸 23-31
4.ボーリング孔を利用した地下空洞の三次元計測技術について 辻 正昭・森伸一郎 33-41
5.自律駆動型水素吸蔵合金アクチュエータの特徴と応用 松村一弘 43-52
6.地中レーダによる探査事例 高見雅三 53-60
7.めっきによる金属の防食について 片山直樹 61-67
8.さく井工事施工指針 平成18年版 石塚 学 69
9.「北海道地熱・温泉ボーリング井データ集」の再編集版刊行について 鈴木隆広 71-76

先頭に戻る

第44回(2006)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.温泉行政について
山田貴志 1-10
2.岩内町における温泉とまちづくり 渡辺謙二 11-18
3.温泉と街づくり 池田篤英 19-22
4.硫黄を活用した耐酸性材料「レコサール」
-温泉施設の補修・新設について-
太田義高 23-26
5.ふ化事業における大容量水源の開発 菅原勇志 27-35
6.ボーリング調査と岩盤評価 伊東佳彦 27-42
7.地震火山現象に関連した孔内地下水位変動 高橋浩晃 43-44
8.支庁単位の地質図編纂と地質情報システムの構築 岡 孝雄 45-52

先頭に戻る

第43回(2005)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
北海道観光の現状と温泉
佐藤郁夫 1-7
〔一般講演〕
1.ボアホール・テレビュアーによる孔井内の測定結果例
林 叔民 9-16
2.坑井障害と調査手法-「坑井障害に関する研究」から- 高橋徹哉・鈴木隆広 17-45
3.ファイバーグラスの特性を生かした温泉井への利用について 中島祥夫 47-52
4.ファイバーグラスチュービング&ファイバーグラスケーシング 山田直登 53-63
5.温泉の健康科学-当所における取り組み- 内野栄治 65-74
6.最近の温泉を取り巻く諸課題の解決に向けて-GISを用いた多面的解析研究- 鈴木隆広 75-87

先頭に戻る

第42回(2004)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
北海道の地域産業創出に向けた自然エネルギーの役割と展望
大友詔雄 1-7
〔一般講演〕
1.孔内流動を利用した地中採熱システムの研究開発
肥田博行 9-16
2.ヒートポンプ用地熱井の掘削技術とヒートポンプ採熱管の検証 磯井敏文 17-45
3.「地下水の動きを見る」-ボーリング孔内で地下水流動をどこまで計れるか?- 小林 薫・金内昌直 47-52
4.北海道における地下水資源の役割と課題 広田知保 53-63
5.2003年十勝沖地震・台風10号豪雨による地盤災害 石丸 聡 65-74
6.2003年十勝沖地震に伴う温泉変動 秋田藤夫 75-87

先頭に戻る

第41回(2003)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
温泉の水質管理
甘露寺泰雄 1-20
〔一般講演〕
1.レジオネラ属菌とその衛生対策について
森本 洋 21-30
2.北海道の温泉行政と温泉法改正の概要 小野和夫 31-38
3.温泉水位の自然変動-2000年有珠山噴火における虻田GSH-1井戸の水位変化- 柴田智郎 39-48
4.ジオスライサー調査法 原口 強 49-55
5.ショックツール効果の実証について 岩見 高 57-73
6.北海道の温泉資源の枯渇現象と保護 秋田藤夫 75-93

先頭に戻る

第40回(2002)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
地球内小宇宙を切り開く:次世代の深海科学掘削計画
木下 肇 1-34
〔一般講演〕
1.新しい廃泥処理技術の確立に向けて
滝山田成生・吉國富雄 35-51
2.ボーリング坑井内の画像化技術とその応用 亀和田俊一 52-60
3.新しい管路調査機器 五江渕通 61-71
4.地域の地質情報集約の取り組みについて-十勝支庁管内地質図および地質データ集の編纂- 岡 孝雄 72-81
5.ボーリングを支える技術 大石 正・川瀬勝博・杉山 明・種畑邦彦・水越 徹・三井昭夫・森田昭彦・内田裕之・平田和代・吉田匡身・渡辺雅彦・藤本和徳・高橋徹哉・鈴木隆広  

先頭に戻る

第39回(2001)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
メタンハイドレート開発に向けての取り組み
大原敏廣 1-21
〔一般講演〕
1.土壌汚染調査におけるパーカッション・ワイヤライン工法の経済的効果
遠藤哲哉 23-32
2.スクリューデカンター ~理想の泥水管理を目指して~ 荒井政修 33-41
3.最近の掘削用泥水について 小玉和弘 42-64
4.洞爺湖温泉の泉源管理と噴火による影響 四宮 博 65-84
5.噴火による洞爺湖温泉の坑井への影響 藤本和徳 85-92
6.北海道における鉱山鉱害とその調査事例 遠藤祐司 93-103

先頭に戻る

第38回(2000)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
深部地熱資源の調査と開発
佐藤 浩 1-12
〔一般講演〕
1.道内温泉の保健・医療面への有効利用について
内野栄治 13-24
2.ポリアクリル酸による炭酸カルシウムスケールの付着抑制技術 柳谷茂夫・佐藤敬二・釈永信彦・野村 弘 25-42
3. 乙部町の温泉ボーリング 内田裕之 43-56
4.地下資源調査所の試すい探査 藤本和徳 57-69
5.北海道の活断層 田近 淳 71-85

先頭に戻る

第37回(1999)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
非在来型エネルギーとしての石炭ガス層について
樋口澄志 1-15
〔一般講演〕
1.太平洋炭礦における炭酸ガスの回収技術
三村 豊 17-23
2.苫前町における異常高圧層の掘削について 小山嘉吉・江尻栄一・定松道弘 24-42
3.なぜ“ 温泉井の比湧出量” なのか 松波武雄 43-56
4.川湯温泉における深部温泉ボーリング結果 鈴木隆広 57-70
5.北海道における活火山の現況 岡崎紀俊 71-86

先頭に戻る

第36回(1998)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
材料科学的センスからみた地盤
武藤 章 1-5
〔特別講演〕
1.美幌町交流促進センター「峠の湯びほろ」の管理運営
上杉晃央 7-14
2.北村天然ガスボーリング探査事業での傾斜掘り実績 佐藤勇一 15-27
3.液化炭酸ガスを用いた井戸の改修工法 宮川和志・石川正夫 28-35
4.簡易型計測システムの改良と開発 高橋徹哉 36-45
5.北海道浅海域の地形と底質 嵯峨山積 46-52

先頭に戻る

第35回(1997)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
カムチャッカの地熱
川村政和 1-9
〔一般講演〕
1.地震・地殻変動の観測井
笠原 稔 11-15
2.温泉井の評価 出口高広 16-30
3.地下水の影響調査について 佐藤公之 31-45
4.深層地下資源開発用ボーリングマシン 金子 豊 46-53
5.無着色泥水の開発 小玉和弘 54-62
6.北海道内におけるセラミックス資源 八幡正弘 63-70

先頭に戻る

第34回(1996)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
高温岩体地熱エネルギーの開発
厨川道雄 1-20
〔一般講演〕
1.古平町の温泉開発
三井昭夫 21-36
2.温泉井の補修工事についての事例 吉田匡身 37-47
3.温泉ボーリングにおける諸計測 大津 直 48-65
4.油圧式パワートルク&スピニングレンチについて 渡辺信秀 66-69
5.玉石・転石層における急速穿孔システムについて 井内克則・柳 幸宏 70-79
6.ボアホールテレビを中心とする最近の孔内可視化技術 大橋武一郎・田子公一・佐野 康 80-91

先頭に戻る

第33回(1995)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
帯水層蓄熱利用と地下水人工涵養
梅宮弘道 1-24
〔特別講演〕
1.北海道リハビリーにおける帯水層利用の現状
中村真人 25-33
2.温泉熱利用と建設設備 平川恵司・下田一隆 34-54
3.道内市町村の地熱・温泉ボーリング 藤本和徳 55-66
4.知内町の地熱ボーリング 鈴木隆広 67-74
5.北部北海道オホーツク沿岸の温泉資源について 松波武雄 75-80

先頭に戻る

第32回(1994)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
健康と温泉
阿岸祐幸 1-7
〔一般講演〕
1.温泉掘削の現場にみる機器の改良工夫事例とその適応
出口高弘・種畑邦彦・田中秀二 9-16
2.ボーリング用泥水の廃泥処理について 石川義昭 17-45
3.北海道の地温勾配図 若浜 洋 47-52
4.温泉熱利用のケーススタディ 直江正晴 53-63
5.ボーリング孔を使った物理探査法と泉源開発のための新しい探査法 村上弘行 65-74

先頭に戻る

第31回(1993)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
北海道における石油開発の歴史・現状および将来
猪間明俊 1-26
〔一般講演〕
1.石油ボーリングにおける最近の機器と技術
佐々木芳朗 27-43
2.道内で開発された高濃度塩水について 松波武雄 44-55
3.羅臼町温泉3号井の掘削について 宮田 厚 56-62
4.最近遭遇した湧水および逸水現象について 大石 正・川瀬勝博・新屋勝男 63-67
5.美幌町温泉井の掘削について 川森博史 68-75

先頭に戻る

第30回(1992)

タイトル 演 者
〔記念講演〕
北海道の資源開発とボーリング
斉藤昌之 1-6
建設工事におけるボーリングの役割
-ボーリング資料の活用-
土居繁雄 7-22
地熱・温泉開発とボーリング 酒匂純俊 23-34
〔試錐研究会を振り返って〕
第30回試錐研究会を終えて
 
川森博史
35-39
試錐研究会講演一覧   42-51

先頭に戻る

第29回(1991)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
海洋開発と北海道
大島正直 1-27
〔一般講演〕
1.最近のポリマー泥水について
阿部勝久 29-46
2.道外の温泉開発事情-沖縄を例として- 小出 潔・小村精一 47-59
3.世界の超深度掘さく計画について 福島寅二郎 60-73
4.光竜鉱山の地化学探査 黒沢邦彦・菅 和哉 74-84
5.真狩村の地質と温泉ボーリング 大津 直 85-94

先頭に戻る

第28回(1990)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
金鉱床と地熱
近藤皓二 1-17
〔一般講演〕
Ⅰ-1.水質汚濁防止法の改正と地下水汚染
内藤 洋 21-25
Ⅰ-2.最新技術の取水井とストレーナー 黒田俊明 26-33
Ⅰ-3.融雪期における不圧地下水の挙動とその活用について 深見浩司 34-41
Ⅱ-1.地域エネルギー開発振興事業について 板谷隆広 45-53
Ⅱ-2.掘削井の計測技術 茨木幸夫 54-59
Ⅱ-3.温泉ボーリングにおける計測の事例 高橋徹哉 60-64

先頭に戻る

第27回(1989)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
世界の地熱利用の現状と北海道
浦上晃一 1-15
〔一般講演〕
Ⅰ-1.岩内町における観光開発と温泉利用
渡辺謙二 19-25
Ⅰ-2.弟子屈町の温泉利用の概況 松橋秀和 26-41
Ⅰ-3.地熱水利用の施設園芸とその展開 橋本清孝 42-51
Ⅱ-1.ヒートパイプとその利用法 富田和彦 55-59
Ⅱ-2.地下深部における地下蓄熱実験-材木沢層および西野層を例として- 若浜 洋 60-67
Ⅱ-3.坑井内同軸熱交換方式の実験結果-夕張市東山地区を例として- 秋田藤夫 68-80

先頭に戻る

第26回(1988)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
リゾート資源と北海道
吉田國夫 1-6
〔一般講演〕
1.夕張市日吉地区の温泉ボーリング
鈴木秀洋・谷口久能 7-11
2.深井戸用水中TV カメラについて 根岸基冶 12-14
3.地熱貯留層評価の検層について 藤原忠一 15-17
4.水平ボーリングによる長尺パイプルーフ工事施行例 永野勝昭 18-25
5.暴墳制御費用保険 大庭功三郎 26-31
6.北海道の地熱・温泉利用の現状 藤本和徳 32-37

先頭に戻る

第25回(1987)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
わが国の海洋開発の最近の話題
堀田 宏 1-7
〔シンポジウム〕
Ⅰ-1.最近の新しいボーリング技術について
-油圧ロータリーパーカッションドリル・小口径管推進工法・ボーリングの自動化-
中屋敏幸 9-12
Ⅰ-2.経済的掘削機および新掘削機器の開発 玉地伸好 13-16
Ⅰ-3.岩盤・転石掘さくの新技術-MACH工法- 吉田興生 17-22
Ⅰ-4.最近の油井用鋼管の動向-特に掘管について- 成田 昱 23-26
Ⅰ-5.油・ガス井掘削におけるパイプハンドリング 定松道弘 27-32
Ⅱ-1.浅層地熱開発の一例について 丸山 博・谷口久能 33-36
Ⅱ-2.揚湯・還元試験時の水位変動に着目した帯水層評価の一手法 若浜 洋 37-43
Ⅱ-3.豊富天然ガスR-10号井の掘さくについて 出口高弘 44-49

先頭に戻る

第24回(1986)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
地熱開発にまつわる雑感
斎藤昌之 1-3
〔一般講演〕
1.新しい逸泥対策工法について
渋谷 裕 5-6
2.最近のマッドロギング 富岡 聡 7-8
3.十勝平野の深層熱水開発の現状 岡 孝雄 9-10
4.最近の温泉揚湯用ポンプとその制御 川崎悦男・堀田健二 11-14
5.多層仕上げと揚湯試験の一例 高橋徹哉 15-17
6.ボーリング孔における湧水対策の一例 吉田耕作 18-21

先頭に戻る

第23回(1985)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
石油の掘削技術
竹田幸平 1-16
〔一般講演〕
1.中深度ボーリングにおけるスピンドルタイプとロータリータイプの経済的比較の一例
石塚 学 17-19
2.物理検層結果のクロスプロット解析 秋田藤夫 20-22
3.浜益村温泉ボーリングについて 藤本和徳 23-24
4.掘さく中の計測データーに関する考察 若浜 洋 25-27
5.北檜山町温泉2号井ボーリングにおけるビットの使用実績について 宮本義則・石川英雄 28-29

先頭に戻る

第22回(1984)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
森林の変遷に関する年代学的考察
東 三郎 1-6
〔一般講演〕
1.温泉ボーリングおける計測
宮田 厚 7-8
2.阿寒地熱井の逸泥対策 高橋徹哉 9
3.ポリマー泥水について 佐野守宏 10-11
4.小口径推進工法およびストレーナーカッターについて 吉田興生 12-13
5.深尺ボーリングにおける失策とその対策 鈴木豊重 14-15

先頭に戻る

第21回(1983)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
地下水計測における2、3の問題点について
山口久之助  
〔一般講演〕
1.濁川地域の地熱井におけるフラクチャリング
中島洋二  
2.坑井の物理検層 藤原忠一  
3.室蘭市白鳥台温泉井の揚湯試験 阿部泰徳  
4.温泉用水中モーターポンプについて 川崎悦男  
5.地熱開発調査ボーリングの変遷 三輪和夫  
6.羅臼地域の地熱ボーリング 川森博史  

先頭に戻る

第20回(1982)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
地熱開発技術の展望
池辺 穣  
〔一般講演〕
1.青函トンネル本州方の水平先進ボーリング
松淵清次郎・長谷川八雄  
2.ミストボーリングならびにサンプリングについて 藤本正敏  
3.地熱ボーリングにおけるダイナドリルの使用実績 川森博史  
4.地熱用セメントとセメンチング 瀬川 廣  
5.新機種の紹介 鉱研試錐工業・利根ボーリング・セキサク  

先頭に戻る

第19回(1981)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
我国の石油探鉱技術の現状
石和田靖章  
〔一般講演〕
1.地熱井掘さくにおける問題点
中村昭一  
2.森町地熱開発の現状と課題 山崎一郎  
3.鶴居村の温泉ボーリングについて 佐藤彰芳  
4.温泉(熱水)輸送と多目的利用の現状 平野芳純  
5.弟子屈町の地熱ボーリングについて 藤本和徳  

先頭に戻る

第18回(1980)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
サウンディングとサンプリング
北郷 繁  
〔一般講演〕
1.シールド機種の選定と土質調査について
井坂和夫  
2.地下水サンプリングのための孔井仕上げの問題点 大井幸雄  
3.地すべり対策工事について 斉藤雅美  
4.札幌北部の地盤沈下と沈下観測井 川森博史・嵯峨山積  
5.ボーリング工法の紹介(RRC大口径工法) 利根ボーリング  
5.ボーリング工法の紹介(RBB 工法及びアロードリルによる急速掘削について) 鉱研試錐工業  

先頭に戻る

第17回(1979)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
地熱資源の調査と開発
湯原浩三  
〔一般講演〕
1.地熱井の掘さくについて
大石寅雄  
2.稚内温泉井(ノシャップ)の掘削について 河野純一  
3.十勝平野における温泉ボーリングの溢泥対策 有賀甫光  
4.温泉ボーリングにおける泥水対策 石川英雄  
5.神恵内村における温泉ボーリングの結果と利用 藤本和徳  

先頭に戻る

第16回(1978)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
地すべり・崩壊等の発生要因とその対策
木下重教  
〔一般講演〕
1.ボーリング孔を利用した原位置試験について
三島史郎  
2.セメントパチルス工法について 砂子幸男  
3.上ノ国町湯の岱における地すべり対策 三室俊昭  
4.地盤沈下井作成の問題点 川森博史  
5.掘削現場における廃液処理作業 横山政雄  

先頭に戻る

第15回(1977)

温泉掘さく現場見学検討会(神恵内村)

先頭に戻る

第14回(1977)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
火山地帯の地下構造について
横山 泉  
〔一般講演〕
1.油圧パーカッションドリルの使用実績について
寺崎靖則  
2.ダウンザホールによるアンカー工事の掘さく 吉元常蔵  
3.ラウスの地熱ボーリングについて 川森博史  

先頭に戻る

第13回(1976)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
電源開発と地質調査
石崎嘉明  
〔一般講演〕
1.軟質岩における透水試験について
木村恒美  
2.最近の孔内外の物理探査機の紹介 松本正一  
3.角山地区の大孔径深井戸掘さくについて 氏家泰之  
4.ボーリングにおける失策対策について 鈴木豊重  

先頭に戻る

第12回(1975)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
石油ボーリングにおける計測と計画について
田中彰一  
〔一般講演〕
1.地下水並びに温泉採取上の問題点について
山口久之助  
2.油井管の種類と特徴 中田友一  
3.トリコンビットの正しい使用法について 直江国夫  
4.温泉から放出するスケールの沈積防止について 二間瀬洌  
5.今後の泥水の方向 三浦正弘  

先頭に戻る

第11回(1974)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
石油ボーリングおける世界の現状と将来の推移について
浅野 昇  
〔一般講演〕
1.ビッグマンによるさく井について
中屋敏幸  
2.ダウンザホールの使用現況について 村山一貫  
3.遠別天然ガスE-3.4号井の掘削について 川森博史  
4.物理検層とその応用について 山下武男・松本正一  
5.ボーリングにおける廃液処理について 三浦正弘  

先頭に戻る

第10回(1973)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
環境地質工学について
小貫義男  
〔一般講演〕
1.ダウンザホール機による砂利層掘削について
星野輝彦  
2.大口径掘さく及び傾斜掘さくについて 篠山昌市  
3.大口径掘さく機ビッグマンの応用方法 加藤信一  
4.RRC 大口径掘削工法について 小柳正太郎  
5.安定液材料の性質と用途について 村田 博  

先頭に戻る

第9回(1972)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
北海道の温泉について
石川俊夫  
〔一般講演〕
1.高温度用泥水について
沖野文吉  
2.台湾の地熱開発ボーリングについて 村山一貫  
3.引湯理論とその実例について 平野芳純  
4.北海道における地熱資源の探査 酒匂純俊  
5.層雲峡地区の地熱ボーリングについて 鈴木豊重  
6.温泉の坑内温度分布について 和気 透  

先頭に戻る

第8回(1971)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
軟弱地盤の試すい調査について
湊 正雄  
〔一般講演〕
1.橋梁と道路の基礎調査から
若松幹男  
2.集水井内における集排水ボーリングの一例 酒井 豊  
3.北海道のダムグラウト工事について 坂本 光  
4.BH工法について 小柳正太郎  
5.大口径掘さく機ビッグマンについて 桜井宣穂  
6.基礎工事用泥水について 村田 博  

先頭に戻る

第7回(1970)

タイトル 演 者
〔特別講演〕
掘さく関係者のための温泉常識
福富孝治  
〔一般講演〕
1.道内における深層地下水の産状
山口久之助  
2.深井戸用水中モートルポンプについて 土方利彦  
3.さく井長寿の三原則 大塚一郎  
4.ロータリー方式によるさく井について 福田 博  
5.遠別天然ガス井の掘削について 用田明甫  
6.坑井の物理検層について 内田 豊  
7.ボーリング用泥水について 村田 博  
8.温泉用プラスティックパイプについて 比島 徹  

先頭に戻る

第6回(1969)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.北海道における地下資源開発の問題点
斉藤昌之  
2.豊羽鉱山の試すい現況について 宮崎 猛  
3.レッグ式ボーラーについて 杉山憲一  
4.循環泥水について 村田 博  
5.EH-1200全断面掘削機について 田中 武  
6.新機種の紹介 マイカイ貿易・利根・鉱研  

先頭に戻る

第5回(1968)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.道内における試錐現況について
北 善次  
2.クロム泥水による試すい工法 田中良一郎  
3.ロットリューブの使用について 馬路吉郎  
4.鴻の舞における試錐現況について 高野 朔  
5.WL工法実施結果とその問題について 武内 繁  
6.豊羽鉱山における試すい現況 原口正敏  
7.炭田試すいについて 藤川広義  

先頭に戻る

第4回(1966)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.地熱ボーリングについて
中島洋二  
2.地熱井の検層について 山口久之助  
3.地熱地質について 国府谷盛明  

先頭に戻る

第3回(1966)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.最近の黒鉱鉱床の探鉱試錐の発達について
谷口啓之助  
2.掘さく用泥水について1965 沖野文吉  

先頭に戻る

第2回(1964)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.ボーリングの穿孔速度について
佐々木和郎  
2.海底地質の試すいサンプリング法の研究 河内英幸  
3.地熱温泉ボーリング技術 北村八郎  
4.ワイヤーライン試錐機について 白井成美  
5.土質調査ボーリングについて 佐々木敏雄  
6.試すい作業の管理について 相川鎮夫  
7.北海道における天然ガスのボーリング 中村定男  

先頭に戻る

第1回(1964)

タイトル 演 者
〔一般講演〕
1.盃温泉ボーリングについて
内田 豊  
2.ボーリングはどんな機械を選びその施工技術はどうあるべきか 福沢正規  
3.逸泥について 金子敦雄  
4.回転式ボーリングにおける岩石の被削性について 木下重教  
5.さく井工事における仕様書について 河田 英  
6.水井戸の電気検層と揚水試験 山口久之助  
7.苫小牧地区の地下水ボーリングについて 斉藤尚志  
8.燃料油及び潤滑油について 多田健二  
9.深尺ボーリングについて 用田明甫  

先頭に戻る

地方独立行政法人
北海道立総合研究機構
環境・地質研究本部

■地質研究所(札幌庁舎)
〒060-0819
札幌市北区北19条西12丁目
TEL : 011-747-2420
FAX : 011-737-9071

■地質研究所(小樽庁舎)
〒047-0008 
小樽市築港3番1号
TEL : 0134-24-3829 
FAX : 0134-24-3839

推奨ブラウザ
Firefox3以上
Safari3以上
Opera9.5以上
Google Chrome
Internet Explorer8以上
※文字サイズ中を推奨