このページは移転しました。5秒後に自動転送します。

自動的に転送されない場合は、新しいページをクリックしてください。

出版物

地質研究所広報誌

ONLINE ISSN : 2185-2111
PRINT ISSN : 0910-8122

地下資源調査所ニュース

vol.15vol.14vol.13vol.12vol.11vol.10vol.9
vol.8vol.7vol.6vol.5vol.4vol.3vol.2vol.1

Vol.15 No.2〔1999.04/PDF形式:1.2MB
◆地下資源ニュース:地球優しい環境浄化-微生物が世界を変える-
◆弟子屈町川湯地区で深層温泉水の開発に成功
◆Geoアラカルト:インターネットで地学情報検索(その3)
Vol.15 No.1〔1999.01/PDF形式:1.5MB
◆地下資源ニュース:駒ヶ岳、雌阿寒岳あいつで噴火-緊急調査報告-
◆Geoアラカルト:インターネットで地学情報検索(その2)
◆海洋地学部庁舎「小樽市都市景観賞」受賞

先頭に戻る

Vol.14 No.4〔1998.10/PDF形式:720KB
◆地下資源ニュース:年間ドラム缶27万本分の油が節約-北海道の温泉熱利用状況-
◆Geoアラカルト:音波探査により海底活断層を調査
◆情報コーナー:インターネットで地学情報検索(その1)
◆北海道Q&A:「麦飯石」ってどのようなものですか?
Vol.14 No.3〔1998.07/PDF形式:1.0MB
◆地下資源ニュース:長期の地下水位・地盤沈下観測で変動要因を推察
◆大空から地すべり・崩壊と海岸浸食を調査
◆Geoアラカルト:アメリカ地質学会コルジレラセクションに参加して
Vol.14 No.2〔1998.04/PDF形式:984KB
◆地下資源ニュース:自然特性を活かした地域の開発と環境のために-平成10年度事業計画の概要-
◆最近刊行された3つの図面あれこれ
◆北海道Q&A:駒ヶ岳と羊蹄山は、同じ成層火山なのになぜ形が違うのですか?
Vol.14 No.1〔1998.01/PDF形式:724KB
◆地下資源ニュース:小樽市民とともに海の知識を深める-「海を知る講座」5回シリーズで開始-
◆Geoアラカルト:巨大発生地震を予知する地下水位変動−平成9年度地質調査所流動研究員報告−
◆北海道Q&A:海底堆積物はどんな物からできているのですか?

先頭に戻る

Vol.13 No.4〔1997.10/PDF形式:1.0MB
◆地下資源ニュース:遺跡発掘現場などで液状化跡の出現続く-札幌圏の被害地震を探る-
◆樽前山で“北海道火山勉強会”現地検討会が開催
◆Geoアラカルト:アメリカ合衆国の地下水研究事情
Vol.13.No.3〔1997.07/PDF形式:864KB
◆地下資源ニュース:温泉資源の長期変動を探る-温泉資源の探査・開発から安定確保へ-
◆第8回おたるマリンセミナーで普及講演
◆Geoアラカルト:カナダの地下水研究事情
Vol.13 No.2〔1997.04/PDF形式:920KB
◆地下資源ニュース:地域の文化を育む身近な粘土資源-北海道の焼き物用粘土-
◆小樽平磯岬で定地水温観測を開始
◆Geoアラカルト:ルーマニアの火山帯を訪ねて
◆遠別町・歌越別鉱山の受託調査が終了
Vol.13 No.1〔1997.01/PDF形式:1.1MB
◆地下資源ニュース:トレンチ面に現われた樺戸断層帯-厳寒のスケッチ作業から分析・解析作業へ-
◆防災ヘリ“はまなす1号”から新火口確認-雌阿寒岳8年ぶりに噴火-
◆Geoアラカルト:アラスカの永久凍土地帯におけるパイプライン
◆温泉活用施設「峠の湯びほろ」が誕生-試すい探査事業とは-

先頭に戻る

Vol.12 No.4〔1996.10/PDF形式:928KB
◆地下資源ニュース:知内町に新しい温泉施設完成-知内町健康保養センター(こもれび温泉)-
◆活断層を探る-解明進む樺戸断層帯-
◆海を学ぶ子供たち-海洋科学研究センターで「小樽マリンスクール」・「一日おとうさん」-
Vol.12 No.3〔1996.09/PDF形式:1.3MB
◆地下資源ニュース:本道浅海域のさらなる調査研究をめざして-海洋地学部庁舎の開設記念式典を開催-
◆北海道駒ヶ岳54年ぶり噴火!!-周辺の湧水・温泉水への影響-
Vol.12 No.2〔1996.04/PDF形式:604KB
◆地下資源ニュース:環境に配慮した開発のすすめ-平成8年度新規研究事業「地質環境調査」の紹介-
◆酸性坑内水対策に新しい試み-旧精進川鉱山で行われた坑内中和実験-
◆情報コーナー:当調査所の出版物の案内
 1994年北海道東方沖地震による地盤災害
 北海道中央部における土壌元素の地球化学図
Vol.12 No.1〔1996.01/PDF形式:960KB
◆地下資源ニュース:活断層を探せ!-活断層が直下型地震を起こす!?-
◆壮瞥町5地区目の温泉湧出-試すい探査壮瞥町中洞爺地区泉源開発の成功-
◆道産の天然ガス供給近し!-苫小牧市地下4000m以深の資源-
◆国産第1号機となるボーリング補助装置導入される!

先頭に戻る

Vol.11 No.4〔1995.11/PDF形式:768KB
◆地下資源ニュース:噴火湾、日高沿岸域の海域環境-浅海域地質調査結果より-
◆帯広市付近の温泉開発事情-保護と資源管理の時代-
◆ほっかいどうQ&A:地下資源調査所の地震・火山の調査・観測体制はどのようになっていますか。
◆情報コーナー:当調査所出版物の案内
 60万分の1 北海道地温勾配図
 60万分の1 北海道地盤液状化予測地質図
Vol.11 No.3〔1995.07/PDF形式:672KB
◆地下資源ニュース:北部北海道オホーツク沿岸の温泉資源-雄武町の温泉開発より-
◆空知支庁管内で典型的な「内陸型」地震が発生-新十津川・北竜で震度5-
◆Geoアラカルト:カナダ・ブリティッシュコロンビア州の234日
Vol.11 No.2〔1995.04/PDF形式:908KB
◆地下資源ニュース:道央南部の地下水事情-水資源開発調査-
◆Geoアラカルト:国内研修報告-岩石の透水試験について-
◆情報コーナー:試錐研究会開催される
Vol.11 No.1〔1995.01/PDF形式:1.5MB
◆地下資源ニュース:湿度調整機能で建材などに注目される稚内層頁岩-本道珪藻土の高度利用と資源評価に関する研究-
◆岩盤の風化を探る-寒冷地における岩盤風化プロセスに関する基礎研究-
◆Geoアラカルト:スイスにおける太陽熱の融雪活用技術
◆ストーンハンティング(4)

先頭に戻る

Vol.10 No.4〔1994.11/PDF形式:1.3MB
◆地下資源ニュース:北海道で三たび大地震-北海道東方沖地震の概要-
Vol.10 No.3〔1994.07/PDF形式:720KB
◆地下資源ニュース:農薬の環境影響を探る-ゴルフ場の環境保全対策技術に関する研究開発-
◆ストーンハンティング(3)
◆情報コーナー:第6回地質及び土質講習会開催される
Vol.10. No.2〔1994.05/PDF形式:692KB
◆地下資源ニュース:北海道の火山は今!-北海道の活火山の活動状況(その2)-
◆ストーンハンティング(2)
◆情報コーナー:試錐研究会開催される
Vol.10 No.1〔1994.01/PDF形式:528KB
◆地下資源ニュース:北海道の火山は今!-北海道の活火山の活動状況(その1)-
◆急潮をとらえた!-南茅部町臼尻沖に設置した流速計のデータより-
◆ストーンハンティング(1)

先頭に戻る

Vol.9 No.4〔1993.10/PDF形式:4.7MB
◆地下資源ニュース:地震の恐ろしさを再認識-北海道南西沖地震の概要-
◆地震による爪あと-北海道南西沖地震による斜面崩壊-
◆裂ける大地、吹き出す砂-液状化の恐ろしさ-
◆押し寄せる波、打ち砕かれる家-津波の恐ろしさ-
◆ほっかいどうQ&A:地震によって温泉ではどのように変化が起きるのでしょうか?
Vol.9 No.3〔1993.08/PDF形式:816KB
◆地下資源ニュース:甦れ豊かな日本海-日本海海域における海洋高度化技術の研究調査報告-
◆アンタークティックウォーク南極点探検隊に参加して(その2)
Vol.9 No.2〔1993.05/PDF形式:860KB
◆地下資源ニュース:休廃止鉱山から出る強酸性水をコントロールする
◆アンタークティックウォーク南極点探検隊に参加して(その1)
◆ミニ地層辞典:第7回 道東北部編(その3/先新第三系)
Vol.9 増刊号〔1993.02/PDF形式:1.0MB
◆地下資源ニュース:釧路沖地震に緊急調査班を派遣!-大地の振動状況と地盤災害を把握-
Vol.9 No.1〔1993.01/PDF形式:3.8MB
◆地下資源ニュース:美幌町にも大地からの恵みが!-試すい探査 美幌町泉源開発に成功-
◆Geoアラカルト:北海道の自然公園めぐり(その4)-阿寒国立公園-
◆ミニ地層辞典:第6回 道東北部編(その2/古第三紀以前)

先頭に戻る

Vol.8 No.4〔1992.11/PDF形式:1.1MB
◆地下資源ニュース:アースサイエンスフォーラム開催される-国際防災10年と地球環境問題によせて-
◆道内を駆け巡ったIGCの地質巡検
◆ほっかいどうQ&A:地球は46億年前にできたと言われていますが、どうしてわかるのですか
Vol.8 No.3〔1992.07/PDF形式:932KB
◆地下資源ニュース:寒さをもっと幅広く利用しよう!-凍土用リアルタイム処理物理探査機機の開発研究-
◆ゴルフ場農薬の環境影響を探る
◆Geoアラカルト:シルクロード8000kmの旅
◆ミニ地層辞典:第5回 道東北部編(その1/新第三紀以降)
Vol.8 No.2〔1992.04/PDF形式:1.6MB
◆地下資源ニュース:技術の向上を目指して!-第30回試錐研究会開かれる-
◆桜野牧場(岡山県社団法人)の温泉開発
◆以外なところに鉱物が!-試験研究機関公開講座開催される-
◆Geoアラカルト:シルクロード8000kmの旅
Vol.8 No.1〔1992.01/PDF形式:1.0MB
◆地下資源ニュース:北海道をとりまく海とその将来-その3 世界とわが国の海洋開発-
◆Geoアラカルト:地熱水利用による金の回収

先頭に戻る

Vol.7 No.4〔1991.10/PDF形式:1.2MB
◆地下資源ニュース:北海道をとりまく海とその将来-その2 北海道周辺の三つの異なる海-
◆北海道と交流の進むサハリン-サハリン島と周辺海域の地下資源-
◆Geoアラカルト:海外の地学関連研究機関の紹介
◆ほっかいどうQ&A:どうして丸山は急に活火山になったのですか?
Vol.7 No.3〔1991.07/PDF形式:4.9MB
◆地下資源ニュース:北海道をとりまく海とその将来-その1 世界・日本全体からみた北海道の海-
◆Geoアラカルト:海外の地学関連研究機関の紹介
◆ミニ地層辞典:第4回 道東南部編
Vol.7 No.2〔1991.05/PDF形式:1.5MB
◆地下資源ニュース:北海道と交流の進むサハリン-サハリン島と周辺海域の地質-
◆Geoアラカルト:氷床掘削技術とその現状
◆図書室だより:地学の好きな中学生の作文紹介
Vol.7 No.1〔1991.01/PDF形式:792KB
◆地下資源ニュース:北海道と交流の進むサハリン-サハリン島と周辺海域の地理-
◆Geoアラカルト:北海道の自然公園めぐり(その3)-釧路湿原国立公園-
◆ほっかいどうQ&A:地下水は川のように流れているのですか

先頭に戻る

Vol.6 No.4〔1990.10/PDF形式:596KB
◆地下資源ニュース:北海道にもあった温泉型金鉱床-川北温泉と生田原周辺地域-
◆浅海堆積物から海岸流の方向を推定する-西南北海道、乙部町周辺を例として-
◆Geoアラカルト:北サハリンおよびユジノサハリンスク周辺を訪ねて
Vol.6 No.3〔1990.08/PDF形式:836KB
◆地下資源ニュース:大きな可能性を秘めた大地-北海道は九州と並ぶ金鉱床最有望地域-
◆所内各部のご紹介
◆ほっかいどうQ&A:岩石・地層の時代はどのようにして決めるのですか
Vol.6 No.2〔1990.04/PDF形式:1.1MB
◆地下資源ニュース:黄金の国ジパング復活か!-菱刈鉱山の発見と恐山の温泉型金鉱床-
◆Geoアラカルト:北海道の自然公園めぐり(その2)-大雪山国立公園-
◆ほっかいどうQ&A:岩石・地層の時代はどのようにして決めるのですか
Vol.6 No.1〔1991.01/PDF形式:772KB
◆地下資源ニュース:金鉱床は温泉から生まれた?-金鉱床と地熱・温泉-
◆Geoアラカルト:ワシントン州およびオレゴン州の火山地帯を訪ねて
◆ミニ地層辞典:第3回 道央北部編

先頭に戻る

Vol.5 No.4〔1989.11/PDF形式:688KB
◆地下資源ニュース:十勝岳は今!-噴火からほぼ1年を経た十勝岳-
◆Geoアラカルト:ワシントン州およびオレゴン州の火山地帯を訪ねて
◆ほっかいどうQ&A:火山性地震と微動はどう違うのですか
Vol.5 No.3〔1989.08/PDF形式:596KB
◆地下資源ニュース:解析すすむ山地の地下水流動-休廃止鉱山の酸性坑内水対策をめざして-
◆Geoアラカルト:北海道の自然公園めぐり(その1)-ニセコ積丹小樽海岸国立公園-
◆ミニ地層辞典:第2回 道央南部編
Vol.5 No.2〔1989.04/PDF形式:604KB
◆地下資源ニュース:十勝岳噴火予知前線で活躍する地下資源調査所
◆新しい北海道づくりをめざして-地下資源調査所の組織改編-
◆Geoアラカルト:オーストラリア、ニューサウスウェールズ・ビクトリア州の資源事情と地質調査機関(その2)
◆ほっかいどうQ&A:泥流、火砕流、火砕サージの意味や相違を教えてください
Vol.5 No.1〔1989.01/PDF形式:716KB
◆地下資源ニュース:北海道のレアメタル資源
◆5万分の1地質図幅「丸瀬布北部」を発刊
◆Geoアラカルト:オーストラリア、ニューサウスウェールズ・ビクトリア州の資源事情と地質調査機関(その1)
◆ほっかいどうQ&A:地層名はどのように付けるのでしょうか

先頭に戻る

Vol.4 No.4〔1988.10/PDF形式:836KB
◆地下資源ニュース:新たな発想で海の開発・利用を-海底の地形・底質調査から-
◆Geoアラカルト:石って光を通すの?-岩石薄片のできるまで-
◆ほっかいどうQ&A:砂金はどのようにできるのでしょうか
Vol.4 No.3〔1988.07/PDF形式:516KB
◆地下資源ニュース:融雪水の活用をめざして
◆Geoアラカルト:“デスモスチルス100年祭”足寄町で開催
◆ほっかいどうQQ&A:北海道の活火山の分布について教えてください
Vol.4 No.2〔1988.04/PDF形式:396KB
◆地下資源ニュース:温泉の里「西胆振」-広域地熱・温泉資源調査まとまる-
◆特別講演「災害と連帯性」
◆ほっかいどうQ&A:鉱区を取得する方法を教えてください
Vol.4 No.1〔1988.01/PDF形式:424KB
◆地下資源ニュース:今後に求められる大地の課題-新総合開発計画に関連して-
◆Geoアラカルト:地すべりの調査研究-古期地すべりと最近の地すべりの関係-
◆ほっかいどうQ&A:地下水の塩水化とはどういうことですか

先頭に戻る

Vol.3 No.4〔1987.10/PDF形式:488KB
◆地下資源ニュース:求められる休廃止鉱山への新たな対応-坑廃水の異常出水-
◆Geoアラカルト:省エネルギーをめざした北海道リハビリーの試み-地下空間を利用した蓄熱システム-
◆ほっかいどうQ&A:道内でみられる氷河期の痕跡をしめす地形には、どのようなものがあるのですか
Vol.3 No.3〔1987.07/PDF形式:476KB
◆地下資源ニュース:沿岸域の開発のために-海底調査への挑戦-
◆Geoアラカルト:火山噴火災害の国際交流
◆ほっかいどうQ&A:宅地を購入する時には、どのようなことに注意して選べばよいでしょうか
Vol.3 No.2〔1987.04/PDF形式:780KB
◆地下資源ニュース:大地に描くプランのために
◆産炭地で温泉湧出、いま夕張では!
◆氷河と岩と森の国の3ヶ月-パタゴニア氷河調査隊に参加して-
◆ほっかいどうQ&A:重力異常図は、地下構造をどのように反映しているのですか
Vol.3 No.1〔1987.01/PDF形式:476KB
◆地下資源ニュース:北国フロンティア-地下を利用した克雪・克寒・利雪の技術-
◆Geoアラカルト:積丹沖海底資源・海洋調査に参加して
◆ほっかいどうQ&A:最近よく話題にでるレアメタルとは、どのようなものですか

先頭に戻る

Vol.2 No.4〔1986.11/PDF形式:552KB
◆地下資源ニュース:地域のエネルギーとして活用が進む地熱・温泉資源-地熱・温泉利用実態調査まとまる-
◆Geoアラカルト:函館沖で数万年前の火口を発見
◆Geoアラカルト:中国東北地方の旅(その3)
◆ほっかいどうQ&A:層雲峡などでみられる柱状節理はどのようにしてできるのでしょうか
Vol.2 No.3〔1986.08/PDF形式:528KB
◆地下資源ニュース:産業活動を支える水資源-北海道水理地質図幅のとりまとめと今後の調査・研究-
◆Geoアラカルト:中国東北地方の旅(その2)
◆ほっかいどうQ&A:ニセコの湯本温泉には硫黄の中空の玉が浮かんでいますが、どうやってできたのでしょうか
Vol.2 No.2〔1986.04/PDF形式:980KB
◆地下資源ニュース:十勝岳大噴火(1926年5月)から60年-北海道にもあった火山泥流災害-
◆特別講演「ネバド・デル・ルイス火山災害」
◆Geoアラカルト:ヨーロッパの水事情(その2)
◆Geoアラカルト:中国東北地方の旅(その1)
Vol.2 No.1〔1986.01/PDF形式:664KB
◆地下資源ニュース:温泉(深層熱水)開発の進む十勝中央部-資源管理・有効利用が今後の課題-
◆Geoアラカルト:第4回国際地すべり研究会議に参加して
◆Geoアラカルト:ヨーロッパの水事情(その1)
◆ほっかいどうQ&A:災害報道で、土石流・泥流・地すべりなどという言葉を聞きますが、わかりやすく解説してください

先頭に戻る

Vol.1 No.4〔1985.10/PDF形式:820KB
◆地下資源ニュース:資源開発や国土保全の基本図として-地質図幅特集号-
◆ほっかいどうQ&A:北海道の地質図幅類にはどのようなものがあるのでしょうか
Vol.1 No.3〔1985.07/PDF形式:2.8MB
◆地下資源ニュース:昨年夏から顕著な温度上昇-十勝岳火山活動の観測記録-
◆ビデオがとらえた地すべりの動き
◆資源探査や環境評価のベースマップに-地球化学図の試み-
◆Geoアラカルト:地すべり多発地帯を訪ねて
Vol.1 No.2〔1985.04/PDF形式:672KB
◆地下資源ニュース:広がる道産ゼオライトの採掘と利用-仁木町・上士幌町-
◆Geoアラカルト:間断なく動く大地(海外研修だより その2)
◆ほっかいどうQ&A:温泉の掘削にはどのような手続きが必要でしょう
Vol.1 No.1〔1985.01/PDF形式:1.6MB
◆地下資源ニュース:日本海沿岸地域の振興に一役-浜益村に初の温泉-
◆創刊のごあいさつ
◆Geoアラカルト:まだ残るセントヘレンズ火山の惨状(海外研修だより その1)
◆ほっかいどうQ&A:地下水を利用していますが、エキノコックスの汚染の心配はないのでしょうか

先頭に戻る

地方独立行政法人
北海道立総合研究機構
環境・地質研究本部

■地質研究所(札幌庁舎)
〒060-0819
札幌市北区北19条西12丁目
TEL : 011-747-2420
FAX : 011-737-9071

■地質研究所(小樽庁舎)
〒047-0008 
小樽市築港3番1号
TEL : 0134-24-3829 
FAX : 0134-24-3839

推奨ブラウザ
Firefox3以上
Safari3以上
Opera9.5以上
Google Chrome
Internet Explorer8以上
※文字サイズ中を推奨