このページは移転しました。5秒後に自動転送します。

自動的に転送されない場合は、新しいページをクリックしてください。

ダウンロード

胆振東部における17世紀津波堆積物の分布図

「胆振東部における17世紀津波堆積物の分布図」について

胆振東部における17世紀津波堆積物の分布図 左の図は、平成14~15年度に地質研究所で実施した津波堆積物の調査研究の成果から、胆振東部の津波浸水履歴が確認された範囲を示したものです。
 この調査研究から、標高8m以上の地点まで津波砂層を残した大きな津波が胆振東部沿岸に襲来したことが明らかになりました。

◆胆振東部における17世紀津波堆積物の分布図
 〔JPEG形式(300dpi):1.47MB〕

※「胆振東部における17世紀津波堆積物の分布図」を利用する際は、必ず、著作権・リンクのページをご覧になって下さい。

 

この分布図に関する文献など

●第四紀研究第46巻第2号p119-130(2007)
  髙清水康博・嵯峨山 積・仁科健二・岡 孝雄・中村有吾・西村雄一:
  北海道胆振海岸東部から確認された17世紀の津波堆積物

→こちらのサイトから文献の電子ファイルをダウンロードできます

地方独立行政法人
北海道立総合研究機構
環境・地質研究本部

■地質研究所(札幌庁舎)
〒060-0819
札幌市北区北19条西12丁目
TEL : 011-747-2420
FAX : 011-737-9071

■地質研究所(小樽庁舎)
〒047-0008 
小樽市築港3番1号
TEL : 0134-24-3829 
FAX : 0134-24-3839

推奨ブラウザ
Firefox3以上
Safari3以上
Opera9.5以上
Google Chrome
Internet Explorer8以上
※文字サイズ中を推奨